読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイムスリップ~富士山~

タイムスリップとは…過去に撮った写真を紹介することです!

 

今回は…

DSC_0319

富士山です!

写真は河口湖から。

この時は、まだカメラを買ったばかりの頃でした。

色々勉強中だったのです。

今も初心者レベルだけど…。

富士山は写しやすいかな?

なんて事で、来ちゃいました!

 

早速、富士山の五合目まで車で行こうと料金所へ!

五合目まで2000円かかるのか…。

ぐぬぬ…。

財布と相談し、いざ!

僕「すいません。五合目まで行きたいんですけど」

おじさん「あぁ…今は雪がひどくて、

一合目までしかいけないよ

僕「(´・ω・`)」

そりゃ無いぜ…。 

DSC_0328

と言うわけで、一合目まできました!

ちなみに料金は200円でした。

一合目まで行く間に、道路の溝で富士山の歌(?)が彫られていたのはびっくりした。(一定の速度で車を走らせると聞こえるやつ)

DSC_0337

一合目駐車場。

結構人がいてびっくり。

DSC_0332

富士山にいるのに富士山を見ている不思議。

何か煙ってる!

冷気なのか!?

五合目にいけなかった僕の心も冷気に包まれていた…。

 

DSC_0347

富士山周辺に何か無いかなぁ…と探していたら、神社を発見!

人だかりが凄い…凄いけど…有名なのかな…?

DSC_0350

中はこんな感じ。

DSC_0352

雰囲気は良い!

けど…結局何が有名な神社かは分からないままだった。

出店があり、豚汁が売っていたので一杯購入!

冷え切った心も体も、これで回復しました!

そして神社を出ようとしたところ…。

DSC_0353

ん?

なんだこれ…?

なにやら立て札に何か書いてあるようだけど…。

DSC_0354

『全身よりを噴き…』

Σ(||゚Д゚)ヒィィィィィィ!

どうやら荒行をしたとかうんぬん…。

全身より血って…そりゃ里の人も止めるわ…。

折角温まった体も恐怖で冷える…。

 

DSC_0360

気を取り直して…。

今度は山中湖に来ました!

駐車場は私で満車になるくらい混んでいました。

どうやら、写真スポットになっている様子。

そして…ここがあの『ダイヤモンド富士』がとれる場所らしい。

これは撮らずに帰れるわけが無い!

まだ時間が合ったため、適当にパシャリ!

f:id:ameotoko0213:20130104141953j:plain

富士を望む眠り猫さんはここで撮りました。

DSC_0369

結構お気に入りの写真。

 

そんなこんなで…ついにその時が…!

あたふたしだすカメラマン達。

僕も見様見真似であたふたする。

そして…!

ついに…!

DSC_0374

え…?

これで…いいのか?

ダイヤモンド富士って…これか?

良く分からないまま、太陽は沈んでいった…。

DSC_0381

ちょっとかっこいい…。

 

皆がぞろぞろ帰る中…僕は残っていた…。

星の写真を撮る為に!

しかし…それは過酷な撮影の始まりだったことを…まだ僕は知らない…。

 

19時…。

さっむ!

なんだこれ…。

なんだこれ!

車の中なのに…。

外の温度計は…

-12℃

何その数字。

マイナスって?

 

寒さに耐えながら外へ…。

三脚を立て、空にカメラを構える。

満点の星空だが…寒い…。

ガタガタ震える僕…。

スイッチ…買っといて良かった…。

買って無かったら、今頃ブレブレの写真ができてたよ…。

DSC_0403

まともに撮れたのがこの一枚…。

初心者とかそういう問題じゃなさそうだ…。

 

よし、次は星が動いてる写真を撮ろう!

ってことで、15分間シャッターを押しっぱなしにし放置。

離れるわけにはいかないので、ガタガタ震えながら待つ。

そこに突然外人の集団が!

外人「HAHAHAHA!(僕を指差しながら)」

僕「(`;ω;´)ガタガタ」

涙が凍った。

その苦労を乗り越えてできたのが…。

DSC_0402

(`;ω;´)

 

しょっぱい氷をボリボリ食べながら、僕は車を自宅へ走らせた…。