読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水元公園

さて、今日は夕焼けを撮りに行く前に水元公園に行ってきました!

早速紹介します。

DSC_0625

出発する前に家の近くに花が咲いていたのでパシャリ。

DSC_0627

 

DSC_0628

 

DSC_0629

 

DSC_0631

 

DSC_0630

落ち葉。

もう秋に入って欲しい…。

 

そして、ここからが水元公園。

DSC_0632

平日ということもあって、かなりすいていました。

人は数えるほど。

DSC_0639

ここでも花を発見。

撮って行きます。

DSC_0633

 

DSC_0634

 

DSC_0635

 

DSC_0636

 

DSC_0637

 

DSC_0641

 

DSC_0640

 

DSC_0666

!?

これは…花なのか…?

 

DSC_0642

花を撮りおわり、公園内を探索。

川が流れている。

DSC_0644

水はそんなに綺麗ではないね…。

DSC_0648

野鳥がいるのでも有名な水元公園。

ほとんどカラスですけどね…。

DSC_0647

こっちみんな。

DSC_0649

ざわわざわわ。

秋よ、早く来い。

DSC_0654

どこかへ続く道。

The 夏。

DSC_0655

水辺を発見。

オタマジャクシ(大)とアメンボが見られました。

デカイオタマジャクシは気持ち悪いです…。

 

と、ここで水の跳ねる音がしたので目をやると…。

僕「え…」

思わず声に出してしまった…。

僕はそいつにカメラを向ける!

すると…そいつは大きな羽を羽ばたかせ、上空へと飛んだのだ!

DSC_0656

でかいぞ!

カッコいいぞ!

めちゃくちゃ大きい鳥がいたのだ!

ここからはもうシャッター連打ですわ。

DSC_0657

僕「うぉぉぉぉぉ!」パシャパシャパシャ

DSC_0658

どこかへ行ってしまった…。

くそぅ…水辺に立ってる姿を撮りたかった…。

無念…。

 

ここからは説明不要かな?と思うので、適当に。

DSC_0661

 

DSC_0663

 

DSC_0664

 

DSC_0665

 

DSC_0667

 

DSC_0669

 

DSC_0668

 

DSC_0670

 

DSC_0672

 

DSC_0673

 

DSC_0675

 

DSC_0677

 

DSC_0674

 

以上です!

 

PS. 

DSC_0679

向日葵が枯れていました。

学生の頃はこれを見るだけで夏の終わりを感じ、正体の分からない不安に潰されそうになったものです。

「人生を80年とすると、夏は80回しか訪れない」

なんて言葉を聞いた事があり、なんとなく憂鬱になっていましたが、今は、だからなんだって感じです。

一度去った時間を想うより、今は新たに来る時間の為の準備が大切だと考えているからです。

感傷的になるのが好きな人は別ですが…。

春は桜、夏は向日葵、秋は彼岸花、冬は…シクラメン?

それぞれが枯れる頃に、ぼんやりした不安に駆られるのは、きっと新しい事に対しての不安、続いてきた日常の終わりに対する不安なのではないかと最近思うようになりました。

それは逆に言えば、それぞれがそれぞれ、その日常を作り出したものとなる。

そう考えると面白い。

桜が枯れるのを見たり、向日葵が枯れて感傷的になる人は、終わりまでの時間を作っていたのは彼らなんだと思ってみると、感傷より感謝が強まるかもしれませんね。

感傷より感謝。

 

さて、夕焼けを撮りに行ってきます!

友人も緊急参加することになりました。

ではでは!

 

おまけ…シクラメンは…漢字で書くと…『豚饅頭』

 

おわり