読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイムスリップ~会社旅行の余韻と共に~上野・秋葉原

タイムスリップとは…過去に撮った写真を紹介することです。

 

会社の旅行が終わってから初めて迎える休日。

なんとなく旅行気分の抜けない僕は、どこかに行きたくてウズウズしていた。

しかし…お金がない…。

仕方がないので、定期でいける範囲…上野に向かった。

DSC_0948

 

DSC_0949

上野ばかりで飽きる…と言うことはあまりない。

上野はいつ来ても面白い。

必ず新しい発見があるし、散歩や考え事をするには最適な場所だと思う。

DSC_0951

木漏れ日に当てられながら、公園を進む。

うるさくもなければ、静か過ぎる事もない。

時々吹く風が、難しい事柄や嫌な事を全て運んでいく。

自然と足もリラックスし、その速度を緩めていく。

邪魔なものがない時の方が、前には進めないものなのだな…と誰に言ったか分からない皮肉まで飛び出す。

DSC_0954

一気に開ける。

こういう場所はかえって不安になるのは、動物の本能なのだろうか。

DSC_0953

お気に入り。

DSC_0952

 

さて、次は上野から歩いて秋葉原に向こう。

落ち着いた後は騒がしいのが欲しくなる。

甘いものを食べてたら、辛い物を食べたくなることは…そんなにないか。

DSC_0955

途中、飛行船が飛んでいるのを発見。

この辺りでは良く見る光景だ。

一体何処から飛んでいるのだろうか?

DSC_0956

秋葉原に着くと、ドンドコドンドコ、体に響くほどの音が聞こえた。

どうやら今日はお祭りだった様子。

騒がしいのが欲しいとはいえ、これはちょっと刺激が強い。

DSC_0957

 

DSC_0958

 

DSC_0959

 

DSC_0960

 

DSC_0961

 

DSC_0962

 

DSC_0963

 

DSC_0964

 

DSC_0968

 

DSC_0969

 

DSC_0971

 

DSC_0972

 

DSC_0973

 

DSC_0974

 

DSC_0976

 

DSC_0977

お祭りってなんだかいいですよね。

なんてったって、世界に共通して存在しているのですから。

人々がまるで狂喜しているかのように見える。

お祭りと聞くと、人々は集まり、一心となって騒ぎ立てる。

誰も彼も、隔てなく。

人間は社会的な動物だから、共通の認識をつくりたがる。

お祭りは、そういった人間の本能にヒットしたものなのだろう。

ええじゃないか、ええじゃないか。

一心不乱に何かに打ち込む姿は美しい。

祭りもまた美しい。

 

祭りの余韻は、電車に乗ってもまだ、海から上がった直後に残る波の感覚のように、ずっと残り続けた。

 

おわり。