読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸手曼珠沙華祭・東京スカイツリーとダンボーさん

今回は幸手曼珠沙華祭りに友人と行ってきました!

曼珠沙華と聞いて「?」と思う方もいるかもしれません。

友人も「曼珠沙華って?」

曼珠沙華は彼岸花のこと。

DSC_0278

平日だと言うのに駐車場はひどく混んでいた。

カメラを持った人たちや夫婦、カップルなどが多く見られる。

僕らは残念ながらカメラを持った人たちだ。

曼珠沙華は赤いイメージが強いけど、実は白もある。

ちなみに曼珠沙華の花言葉は「悲しい思い出」や「想うはあなた一人」。

向日葵の花言葉に「あなただけを見ています」というのがあるけど、曼珠沙華の「想うはあなた一人」と似ている。

きっと曼珠沙華と向日葵は相思相愛なのだろう…なんて思ったが、向日葵は夏、曼珠沙華は秋なので、滅多に出会うことはない。

ロマンチックな思想が崩れ去った。

 

と、ここからは書くこともないのでひたすら写真を紹介して行きます。

DSC_0279

 

DSC_0280

 

DSC_0283

 

DSC_0285

 

DSC_0286

 

DSC_0292

 

DSC_0296

 

DSC_0299

 

DSC_0302

 

DSC_0307

 

DSC_0310

 

DSC_0317

 

DSC_0322

 

DSC_0326

 

DSC_0327

 

DSC_0329

 

DSC_0330

友人と写真を見せ合いながらああでもないこうでもないといいあってた時、ふと友人の言った「俺の写真の方がいいな」というのには、流石に呆れた。

思うのは勝手だけど、それを口にするのはどうなのだろうか。

いくらいい写真を撮ろうと、それを他人と比べてはいけない。

他人と比べる事で実感するセンスほどくだらないものはない。

人間らしいと言えば人間らしいが。

結局、自分が良いと思えばそれでいいのだ。

それをわざわざ他人を踏み台にするのは、あまりにも不快だ。

と、そんな捻くれた考え方をするのは自分の悪い癖で、ひたすら写真を撮る事に没頭して、その日だけは忘れる事にした。

 

夜の東京スカイツリーを撮りに行こうと言う話になり、電車でスカイツリーへと向かった。

東京スカイツリーは「東京スカイツリー駅」と「押上駅」がある。

スカイツリーを撮るなら「押上駅」で降りるのがお勧めだ。

DSC_0338

スカイツリー

スカイツリーのライトアップは18:00~23:00の間に行われる。

ライトアップには二種類あって、今回の紫は「雅」、青の「粋」がある。

いずれも一日おきに変わるので注意。

DSC_0340

ホワイトバランスを変えて。

黄金っぽくなった?

ちょっとカッコいい。

DSC_0342

実物に近い感じに。

DSC_0344

てっぺんは凄く未来的。

ちょうど曇っていて、友人の撮った写真は、このてっぺんから光が火を灯したように映っていて、凄く良かった。

まるでスカイツリーの蝋燭だ。

 

ここからはダンボーさんシリーズ。

今回のダンボーさんは結構お気に入りが多いかな。

DSC_0351

 

DSC_0357

 

DSC_0360

 

DSC_0361

なんだろう…凄くプロっぽい感じに仕上がった気がする。

DSC_0362

最後はスカイツリータウンを見て家路に着いた。

 

以上です!

 

おまけ

DSC_0365

とんでもない写真。

 

おわり