読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴海ふ頭

スカイツリーから更新がおろそかになったのはネタがなくなったから…。

毎日写真を撮れればどれだけ幸せな事か…。

 

今回は友人とカメラのレンズを見にいったついでに晴海ふ頭に行ってきました!

DSC_0373

もうそろそろ日が沈むかな?

ここは夜景でもかなり有名ですね。

レインボーブリッジが近くに見えるのですが、今回は写真に撮ってません…。

DSC_0374

目の前に止まっているこの船は何をする船なのだろう?

DSC_0386

遠くを望むと、雲の陰から太陽が顔を出していた。

小雨など降って、今日はほとんど見えなかった太陽。

やっと拝めたのにもう沈むのか。

DSC_0389

名残惜しそうにダンボーさんも望む。

DSC_0392

 

DSC_0395

また明日会いましょう。

太陽さん。

DSC_0397

雲がいい具合に太陽に掛かっている。

東京でもこんな夕日が見れるんだね。

DSC_0400

空に自然のグラデーション。

てっぺんの飛行機のようなものは、何故あんな形をしているのだろう?

ただ、何故か東京らしさが出ている気がして、とても面白い。

DSC_0401

鉄塔のシルエット。

東京の夕焼けも中々良いな。

夕日に照らされて、黒い影となるビル群。

鉄塔。

今は珍しくなりつつある電柱と電線。

そこで体を休める鳩やカラス。

人も動物も何もかもが夕日を見ている。

そんなものだから、太陽も恥ずかしそうに顔を赤くして、海の向こうへと隠れて行ってしまう。

「夕日が赤いのは、皆に見られて恥ずかしいからなんだよ」

なんて洒落た事を口に出して言った日にゃ、恥ずかしくて僕の顔が夕日のように赤くなるので、心の中にとどめておいた。

いつか自分に子供が出来たら、夕日を見たときに言おうかな。

そのためにはまず相手を探さなきゃな…でも…写真もやりたいし…写真を撮るのが好きな女性とかいないかな?

とか何とか思いながら、完全に夕日が沈むのを確認した僕らは、晴海ふ頭を後にした。

 

おわり