読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏祭り

DSC_3455

 

DSC_3457

近くの公園で夏祭りをやっていたので、ちょっとのぞいてきました。

人がたくさんいて、なんだか楽しそう。

僕はこういう時、なんだか、ここにいちゃいけない気がして、神様とか幽霊だとか、そういう見えないものになって、皆の様子をみていたいと、ずっと、昔から思ってた。

傍観者でありたい。

人間をやめたい!

…っていうのは、ちょっとあれかな。

誰かといることも大切だけど、僕はなんだか、こういうのは一人でいたかったりする。

邪魔だとかそういうんじゃなくて、美意識的なものだったり。

そっちの方が、なんとなく綺麗な気がする。

日本人特有の、感傷が美しい…みたいな…。

例えるなら、桜が舞う事に対する美しさより、桜が舞ってしまう儚さの中にある美しさと言うか…。

ああ、なんて言ったらいいのか難しいけど…。

まあ、とにかく、僕の中ではそういうのが存在しているわけです。

人は誰でも芸術的思考を持っていて、それを求めて行動していると僕は思ってる。

誰かと一緒にいる人も、一人でいる人も、大勢でワイワイやる人も、全ての人が、自分の美意識を、無意識に優先しているんではないか…って。

なんて、都合のいい事はないか。

本能が全てだし…。

 

それでも、そうであってほしいという話でした!

ではでは!