読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

没写真~日比谷公園~ 写真のセンスってなに?

以前、面白レンズを買った後に、日比谷公園に試し撮りをした写真があったので紹介。

これといって面白味もないのですが……。

特に写真について言う事もないので、今回は写真のセンスってなんだろうと考えて行きます。

DSC_5434

自分には写真のセンスがあるのだろうか?

そう考えたとき、中学生の頃に受けた授業を思い出す。

DSC_5433

「美しさとはなにか?」

授業で出された課題。

美しい女性、美しい花……。

色々感じることがある美しさ。

だけれど、その中身は共通していない。

僕が美しいと思った花は、誰かにとって気持ちの悪いものかもしれない。

授業では答えは出なかったけれど、僕にとってこの課題は、今でも頭を悩ませる種の一つ。

ずーっとずーっと、考えてきたもの。

DSC_5409

「美しさとは、色・形・音などの調和がとれていて快く感じられるさま。人の心や態度の好ましく理想的であるさまにもいう」とある。

感じる。

人の心。

つまり、美しさとは、感じるものであり、人の心を動かすもの……なのだろう。

結局は自分の中でしかないものであり、共通するのは、心を動かすものであるということなのだ。

DSC_5410

心を動かす。

それはセンスも同じで「センスがない」という人の基準は、上手か下手か、美しいか美しくないか……その他諸々……。

上手いか下手かという事に関しても、結局、評価するのはセンス云々と言っている人。

美しさと同じで、感じるかどうかでしかない。

DSC_5423

他人が何を美しく思い、何を基準にセンスを評価しているかなんて分からない。

自分にセンスがあるかどうかも分からないという疑問も、他人から見てどうなんだろうというところからくる。

こんなんじゃ埒があかない。

であれば、センスを創り出すしかない。

自分のセンスを他人に認めさせるしかない。

自分の創ったセンスを他人のセンスにねじ込めばいい。

DSC_5436

僕の写真にはセンスがある……とは言いませんが、僕は密かに、腹の底から、僕のセンスを認めさせようと企んでいます。

芸術だって、認知されて初めて芸術となるのだ。

写真のセンスとは、他人の中に創り出されるものであって、それを創るのが創作者なのだ。

……センス云々より、技術が追いついてないのだけれどね。

 

スゲー! って言われたい!

そういうナルシシズムって変ですかね?

 

ではでは!