読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「さようなら」は、また会うための言葉

DSC_5871

よく、二度と会えないというようなシーンで「さようなら」って見るけれど、さようならって、「左様ならば、また会いましょう」ってことで使われたらしいんだよね。

DSC_5876

「別れ」というと、どうしてもネガティブに考えてしまう。

だけれど、本当はもっと美しいものな気がする。

DSC_5877

日本人だけなのかな?

桜が散る虚しさとか、人の死に対する悲しみに美しさを見出すのって。

どうも、死とか別れっていうのは、美しさが絡む気がする。

DSC_5879

散り際を美しく飾りたい。

僕はまだ死んでないし、死にそうになったことはないけれど、きっと、死ぬ直前には、綺麗でありたいと思うはずだし、その通り行動すると思う。

DSC_5883

どうしてだろうね。

こればかりは、僕自身もどうしてそう思うのか分からない。

けれど、桜の散る美しさを感じたり、人の死ぬ前の言葉に涙する辺り、なにかあるんだろうなぁ。

DSC_5888

 

DSC_5891

 

DSC_5895

 

DSC_5896

 

DSC_5897

 

DSC_5912

 

DSC_5913

 

DSC_5915

僕が死んだら、誰かがそこに美しさを感じてくれると嬉しい。

 

没記事・没写真!

 

次回はちゃんとした記事を書きたい……。

 

ではでは!