読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の休日~福島とD1と喜多方ラーメンと~

後輩「先輩、チケット取ったんで、福島県へD1見に行きますよ!」

僕「え……」

というわけで。

DSC_9104

福島県エビスサーキットに来ました!

D1の聖地らしく、観客は少ないものの、本当に好きなんだなぁという人ばかり。

動物園の中にあるので、ちょっと驚いたな。

しかし……朝早かったんだよね……。

とは言え、僕は後輩の車でぐっすり寝てただけなのだけれど……。

東京から福島までは300kmほどあった。

同期と後輩二人の計4人での旅は、普通の土日で遊ぶと言うかなり豪華なものとなった。

DSC_9111

後輩が勝手にチケットを取ってきたのは、軽く「今度も行きましょうね」というのに空返事をしてしまったからだった。

にしても、この日ですから! というのは凄いな。

彼の性格診断で「周りを巻き込む力がある」というのは、間違ってなかった。

だけど、まあ、僕としてはこういうのはありがたい。

僕は誘ってくれないと、輪に混じれない性格なんだよね……。

いわゆる根暗って奴かな?

DSC_9206

選手には、お台場で見た選手もチラホラ。

それにしても、凄く暑い。

風は涼しいのだけれど、日差しが肌を刺してくるような、そんな感じ。

蒸し暑くないから、熱中症は大丈夫そうだけれど、こまめに水分補給して、帽子で頭を守る。

後輩の持ってきてくれた、化学反応で冷たくなるナニかを首にあてながら、レースを観戦。

DSC_9259

と、レースが始まる前に、適当に写真を何枚か。

レース用の車だから、公道を走ることは出来ないし、走るように作られてないから、たまに止まってしまうことも。

DSC_9260

 

DSC_9261

車の色もチームカラーとかあるらしい。

よく見ると、普通の車のボディーなんだね。

DSC_9330

レース開始!

この前見たのと同じで、追走です。

今回の席は、網が無いので、普通にタイヤの破片が飛んできます。

僕のところにも飛んできた。

熱いことはないのだけれど、溶け始めっぽく、べたべたする。

芋虫サイズくらいある。

DSC_9340

パシャパシャ撮りながら、4人で盛り上がり、酒を飲んでつまみを食い……最高ですね。

酒は同期がクーラーボックスみたいなのを持ってきてたので、常にキンキンに冷えてやがる。

DSC_9356

 

DSC_9359

 

DSC_9397

響くエンジン音とタイヤの擦れる音、実況の盛り上がりに乗るように、熱の入る応援と拍手。

遠くで鳴く蝉の声をかき消すように、それら全てが僕の体を叩く。

遠くでは入道雲がゆっくりと動いていて、同期が「あっちの方は雨が降ってるかもなぁ」と呟くと、東京はどっち側にあるんだろう、とか、雨は降ってるのか、蒸し暑いのかなぁと、そういった色々な思考が流れ込んできた。

僕は今、福島県にいる。

そんな実感が、夏の暑さのように、ジワジワと湧き上がってくる。

DSC_9464

 

DSC_9495

 

DSC_9688

 

DSC_9705

 

DSC_9774

 

DSC_9892

 

DSC_0002

お昼はソースかつ丼を食べた。

エアコンの効いた社内の中で、四人で日焼け具合を見せ合った。

真っ赤な奴、特に変化の無い奴、黒くなった奴。

「この後、温泉に行くんだけど、絶対痛いよなぁ」

なんて、話していた。

僕は、昔の事を思い出していた。

小学生の頃、家族で行った海。

強い日差しの中、散々遊んで入った風呂で「うぉぉぉぉ!」と雄叫びにも似た悲鳴を上げたあの日。

ヒリヒリと痛いけれど、日焼けしたという実感が、何故か嬉しかったあの日。

風呂はあまり好きじゃない僕だけど、ちょっとだけ、温泉が楽しみになった。

DSC_0161

 

DSC_0220

決勝戦は、相手の車が動かなくなると言うハプニングで幕を閉じた。

こんな熱い中で応援する僕たちよりも、エアコンの効かない車内でヘルメットをかぶり、エンジンの熱をもろにかぶる選手の方が、もっと大変だったであろう。

そんな選手たちに拍手を送り、僕たちは荷物を先に置くべく、ホテルへと急いだ。

DSC_0228

パーキングエリアで休憩中、赤い夕焼けが雲に隠れてゆくのを、4人で見ていた。

「今日って、普通に土曜日なんだよね。明後日、仕事なんだよね」

と、何気なく零してしまう。

だけれど、誰もがっかりなんてしていなかった。

むしろ、これからが楽しくなるんだと言わんばかりに、車内は盛り上がりを見せた。

その通りで、温泉で散々はしゃいだ後、ちょっといい焼肉をラストオーダーになるまで食べ続け、酒を飲み、9月に予定している九州旅行の話に花を咲かせた。

普通の土曜日なのに、僕はこんなに贅沢をしている。

しかも、仲の良い4人、若い4人で。

それが、とてもとても楽しくて、嬉しかった。

 

次の日、やっぱり明日は仕事だし、混むことも予想して、早めに帰ろうという話に。

会津若松のホテルから、北の方へ数十分。

喜多方でお昼を食べてから帰ろうという事に。

喜多方といえば、喜多方ラーメン

DSC_0231

喜多方ラーメンの中でも、全国にチェーン店を構える、坂内食堂は本店だ。

既に行列が出来ていて、僕たちは雨傘を店員に渡されて、それを日傘代わりにして順番を待った。

日差しが強く、少しでも日に当たると、そこがすぐに日焼けする。

一時間ほどしてやっと店内へ。

DSC_0232

せっかくなので、肉そばの大盛りをいただくことに。

かなり量があって、普通にすれば良かったと言うほど。

味はあっさりしていて、そのおかげでチャーシューが進む。

人生で一度は食べておきたい! そんな感じだ。

 

食べ終わった後は、民家風というか、民家を改造して作ったカフェで一息ついた。

8畳ほどの畳の間には、大きな机が一つあって、座布団を敷いて座ることが出来る。

その部屋は僕らしかいなくて、とても静かだった。

クーラーが付いていないのに、とても涼しくてびっくりした。

汗もかかないし、窓から通り抜ける風は、さながら自然のクーラー。

雰囲気も、どこかノスタルジックで、まるで田舎のおばあちゃんの家に来たような、そんな感じ。

……まあ、僕はそういう雰囲気を体験したことはないんだけど、そんな感じだった。

 

それからはひたすら東北道を東京方面へ走る。

東京に着いたのは夕方の6時ごろ。

「明日は仕事だぁ」

とか

「ここから帰るのもきついんですよ」

とか、みんなこれからの事に目が向いていた。

楽しかったけれど、僕たちには明日が来る。

いつまでも、楽しい思いではいけないんだなぁ。

まあ、たまにこういうのがあるから、何でも頑張れてしまうんだけれどね。

 

先ほど、9月17日~21日で九州ね! とラインが入った。

結構大がかりなイベントになるなぁ。

楽しみだ。

 

今まで生きてきた中でも、一番と言っていいほど贅沢で、長い土日を過ごした。

そんな、大人な休日でした。

 

ではでは!