読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄道博物館と雨の東京タワー

最近、全くブログを更新していなかった。

ネタが切れたとたんこれだからなぁ…。

 

今回は休日が全部雨!

ってことで、室内である大宮の鉄道博物館に行ってきました!

暗いので写真を撮るのは水族館ほどとはいいませんが、中々に難しい…。

DSC_0486

大宮の鉄道博物館は元々、秋葉原の特集でもあげましたが、秋葉原の万世橋にありました。

DSC_0514

中に入ると、結構な車両が出迎えてくれます。

汽車以外のほとんどは、車両の中に入れて、座る事も出来る。

DSC_0507

汽車はターンテーブルのようになっていて360度回転する。

DSC_0526

 

DSC_0527

 

DSC_0528

 

DSC_0529

こんな具合に。

回転しているとき、何回か汽笛を鳴らすのだが、体を痺れさせるほどの轟音。

まるで強風に煽られたように、思わず体に力が入る。

今まで聞いた音の中でも、ベスト3に入るほど印象に残る。

DSC_0490

汽車。

昔、5歳かそれより幼い頃に一度だけ乗った事があるのを覚えている。

その時も汽笛に驚いてたなぁ。

DSC_0492

こういった電車を見るたび思う。

思い出がないのに、懐かしさを感じるのは何故だろうと。

ノスタルジック。

DSC_0495

こういった謎の暗号を見たことがある人も多いと思う。

これは電車の用途などを現しているそうです。

こういうのは親のが詳しいんだけど…僕は知らなくていいや…。

DSC_0496

普通に座れるようになってるので、マニアの方にはたまらないのではないか?

僕はどっちかと言うと、貸切気分を味わえていいのだけど。

DSC_0500

ミニチュアも飾ってある。

これはドイツの車両だったかな?

DSC_0494

なんだっけこれ…。

多分…ディーゼル系の何か。

DSC_0502

こういうデカイ模型を見ると凄くドキドキする。

欲しい…凄く…。

触りたい…。

DSC_0505

なんだかディズニーに出てきそう。

DSC_0519

鉄道博物館と言えば、やっぱり模型!

実際に走ってる模型を見る事が出来る。

こういう模型を作っている工程を見るのが凄く好き。

草の表現とか、山の形とか、ミニチュアの人間の配置とかね。

DSC_0517

 

DSC_0518

 

DSC_0524

 

DSC_0520

 新幹線の通過って感じでいいなぁ…この写真…。

と、自画自賛。

写真の良さは見た人によるから、良さを知ってもらうには自画自賛した方が早い気がする。

DSC_0530

こういうのも自由に触れる。

ボタン連打したりして、なんだかイケナイ事をしているようでドキドキ。

DSC_0536

古い車両を発見。

おばあさんが後ろから「なつかし~」って言ってたけど、一体いつの時代の電車なんだ…。

DSC_0538

特別ブースのようなところでは0系が置いてあった。

0系って確か、前になくなったんだっけ?

日本初の新幹線…だっけ?

曖昧すぎてすいません…。

DSC_0543

車両の中に三面鏡が合ったので撮ってみた。

痩せたなぁ…僕…。

これでもダイエットした方なんです!

DSC_0546

少しドキッとする構図。

なんだか未来チック。

 

ここからはダンボーさんの出番。

DSC_0547

ガラスにダンボーさんの顔がうっすら映ってる。

汽車じゃなくて、自分の顔を見てるんじゃないの?

このナルシスト!

DSC_0549

たまには魂の抜けたダンボーさんを。

忘れ物みたいだw

DSC_0554

はしゃぐダンボーさん。

これはツイッターで炎上騒ぎですわ。

DSC_0555

普通の電車だと安定しないし、迷惑掛かるから、こういう写真を撮るんだったら鉄道博物館が一番。

 

鉄道博物館を出た後は、雨の中、東京タワーを撮りに向かいました。

DSC_0556

特別カラーだったようですが、いまいち。

普通で良かったのに…。

DSC_0560

実際はこれくらい暗い。

DSC_0567

なんか変。

DSC_0573

とくにこれと言ってぱっとした写真が撮れなかったので、カメラを回転させながら写真を撮ってみた。

これは…。

良さはそれぞれで発見してください。

ちなみに僕は皆無だと思いました。

DSC_0578

せっかく雨なので、水溜りに映る東京タワーを。

 

う~ん…全体的になんだかなぁ…。

勉強が必要だ…。

ではでは!

 

おわり